07
2017

那須平成の森で

CATEGORY日記


   DSCF0415.jpg


バスツアーで栃木の旧那須御用邸「那須平成の森」へ行って来ました。

最近はバスツアーもご無沙汰でした。
東日本大震災の年の5月にオープンしたそうで、時が時だけにひっそりとしたものだったのでしょうね。
ガイドさんが付かないと行かれない区域の散策でした。
2時間みっちりと、ゆっくりと森の生き物についてのお話を聞きながら歩きましたヨ。
(距離は短いのですが、途中ぬかるんだ道、それも高低差があったりで、足腰の弱い方には少し歩きづらいかな~と。)

標高は1.000mだけあって、風はひんやり、鳥のさえずりがたえず聞こえます。
それも、横浜では聞いたことのない鳥の声が聞かれました。

道に入ったとたんすぐにお話が。

DSCF0403.jpg


この森に住む小動物、もちろん、植物のことも興味深いお話が聞けました。

が、なにせ、歩くとすぐに忘れてしまいます。

“キーストーン種”という言葉だけは覚えていました。
ここで説明すると長くなるので、興味ある方は調べてみてくださいネ。
この森にいる動物の中では、キツツキがそれにあたるそうで、キツツキが開けた穴にリスやら、
いろいろな小動物が住み着くそうです。





また、しばらく歩いてからガイドさんが、「この木の周りをまわってなにか見つけてください」と。

木のしわが気になったのですが、それは関係なし。

(ところで木に手を当てている方、この他の写真にもほとんどの木にさわっています。
 木の名前もよくご存じできっと木を愛しているのでしょうね~)
DSCF0411.jpg


木のあちこちにクマのひっ掻いた爪痕がありました。

               DSCF0410.jpg



そして、その近くに足あとが

生々しくくっきりとしています。
これは前日に雨が降ってぬかるんでいたこと、朝に見つけて誰も踏みつぶさずにいたことが幸いしたそうで、
クマの足あとを見られるのはラッキーだそうです。

DSCF0422.jpg

                  DSCF0425.jpg



ものすごく存在感のある木がありました。

        DSCF0427.jpg

              
方向を変えて見てみると

こんな風↓ (右と左とショットが違うので大きさが微妙に合ってませーん)

DSCF0431-2.jpgDSCF0433-2.jpg


中が空洞になっていても周囲にはちゃんと年輪が作られているそうで、生きているんですね。


                               
                           DSCF0429.jpg






DSCF0417.jpg


この後、“沼ツ原湿原”へと行きましたが、ニッコウキスゲがあまり咲いてなくて、、、残念な結果です。




スポンサーサイト

2 Comments

マーチン  

ユキさん  お早うございます。

「キーストーン種」初めて知りました。 
人間界のキーストーン種になれるといいですね! 
無理か、せめて害獣にならないように気を付けなくては・・・

クマの足跡、不思議な木など、中々見られない素晴らしい体験でしたね。
行って見たくなるなりました。

2017/07/08 (Sat) 08:25 | EDIT | REPLY |   

ユキ  

マーチンさん おはようございます。

人間は全動物界のキーストーン種なのだそうですよ。
その中でも、マーチンさんはキーマンになれるかも。
自然を大切に思う気持ちが鍵ですね(^.^)
大自然でなくても都会では味わえない経験でした。
でも、ここで暮らすのは無理かな~~(+_+)


2017/07/08 (Sat) 09:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment