05
2015

星めぐりの歌

CATEGORY音楽
まずはじめにお断りをしておかなければなりませんね。

これは私が撮った画像ではありません。

朝香忠男さんという方の画像をお借りしました。今朝、私のパソコンに届いたホヤホヤのものです。

IMG_2462_NEW.jpg

といっても撮影されたのは1月11日のこと。

朝香さん所属の神奈川写真連盟:出初め式撮影会で、手回しオルガン演奏者 紀(きの)あさ さんと大さん橋入口で偶然出会い、お願いして撮影にお付き合いしていただいたそうです。
紀 あささんは西区にお住まいだそうで、手回しオルガン奏者としては有名みたいです。
函館の観光大使もやっていられるそうですよ。

アイアイクラブの方は朝香さんの写真をSala2でご覧になっていてご存じのことと思います。
あのときにも感じたのですが、その行動力のすごさには驚いてしまいます。

さらに、きのさんに彼自身の撮影した画像にオルガンの音色を合わせたDVDをプレゼントしたというのです!
演奏されているのが私も気になっていた曲『星めぐりの歌』  
去年、高倉健さんの追悼番組で見た「あなたへ」 で田中裕子が歌っていてとても引き込まれた曲です。
なんと宮沢賢治の作詞、作曲だそうで有名な曲だったのですネ。
その詩も素敵だし、メロディーがなんとも不思議な魅力があります。

↓youtubeで ご覧になれます。(聴くことができます。)

星めぐりの歌  とても癒されます。

スポンサーサイト

8 Comments

kazukun  

星めぐりの歌

浅香さんの写真はとても勉強になります。
今回のyoutubeを見させていただきました。
写真も素晴らしいの一言ですが、オルガンの音色は本当に良いですね。
ピアノの音も良いのですが、オルガンの音は音と音との間に切れ目がなくつながっているので、これが心に癒しを与えてくれるんでしょうね。
この音色は当日の大桟橋での音ではなく、別の場所での録音だと思いますが、手回し式のオルガンは、何となくヨーロッパの香りがしませんか。

2015/02/05 (Thu) 10:38 | EDIT | REPLY |   

ユキ  

kazukunさん

さっそく聴いてくださったのですね。
オルガンの音色はピアノとはまた違った暖かさがありますよね。
紀(きの)さんはフィンランドでこの手回しオルガンに運命的な出会いをしたそうです。
一度、マナで聴いてみたいです。

朝香さんは雪景色を撮りに山手に行かれると言っていましたが、雪はまばらですね。

kazukunさんは家で待機ですか?
私は一日、閉じこもりでした(^^ゞ





2015/02/05 (Thu) 16:43 | EDIT | REPLY |   

haharazzi  

「星めぐりの歌」にはちょっとうるさいんです。

この歌は初期の童話「双子の星」と晩年の「銀河鉄道の夜」にでてきますね。
賢治の作詞や作曲は20数曲ありますが自作の劇に使うためで、大部分は他人のメロディーに詩をつけたもののようです。星めぐりの歌も大正時代のヒット曲に一部酷似しているという指摘すら。その指摘に激怒する熱狂ファンもいるようで、没後年月を経るほどに賢治の神格化が進んでいるともいえますね。

そのシンプルな旋律にいろんな人が編曲を試みていて、ますます神秘的な響きで聴くことができます。もうそれは賢治というより、賢治に傾倒する人たちが作る作品。たくさんある彼の著作物の表紙や挿絵をみてもその傾向が窺えるでしょう。

このオルガン奏者も賢治の世界を愛する方なんでしょうね。むろんみんなそれぞれに魅力があります。

私はむしろ、この一枚の写真のように、こういう人たちと普通に出会える横浜という土地に魅力を感じます。
横浜の人、うらやましいな~。

2015/02/06 (Fri) 12:11 | EDIT | REPLY |   

buchi  

聴きました。

写真とメロディと音色がぴったり!
素敵です。
なんとなく異国情緒があるのに、見知った横浜なんですね。
映画では竹田城でのコンサートで印象的な場面でしたよね。
紹介してくれてありがとうございました。*\(^o^)/*

2015/02/07 (Sat) 10:52 | EDIT | REPLY |   

ユキ  

haharazziさん

不勉強で宮沢賢治のことは代表的な作品くらいしか知りませんでした。
自分の詩に曲をつけていたなんて、この機会に知ってびっくりしました。
20数曲ですか!
haharazziさんはいろいろご存じなのですね。
この旋律はシンプルで、詩とともに聴くと魅力的です。

オルガンの音色、みなとみらいの大桟橋のこんな背景で聴いたら、マッチしていいかもしれませんネ。

また、いろいろご伝授くださいませ。

2015/02/07 (Sat) 10:56 | EDIT | REPLY |   

ユキ  

buchiさん

コメントありがとうございます。

そうなんですよ~。異国情緒と横浜。
この音色がぴったりですよね!
2月の末には伊勢木モールでも演奏されるようですよ。
興味があったら、彼女のホームページのこれからの予定欄をごらんください。

そうそう、竹田城でしたっけ。いい場面でした。
田中裕子の歌声も良かったですよね!



2015/02/07 (Sat) 11:27 | EDIT | REPLY |   

haharazzi  

伝授いたします
http://www.ihatov.cc/song/index.html

2015/02/08 (Sun) 08:53 | EDIT | REPLY |   

ユキ  

haharazziさん

ありがとうございます。

宮沢賢治となるとたくさんの方々が自分の思い入れで編曲しているんですね。

子供たちのリズミカルな歌声だと、楽しい曲にもなるんだ。
こんなにも違うものになるんだ!と驚きました。
その中で、好きなものはそれぞれでしょうけど。

2015/02/08 (Sun) 09:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment